Category: Uncategorized

  • iPhone修理いつまでかかる??

    修理にかかる時間は平均で1週間程度 iPhoneの修理にかかる時間は修理する内容によって異なりますが、appleでのサポートサービスを受ける場合には一般的にはおよそ1週間程度で修理が完了すると考えられています。このため1週間を目安として考えておくといいと言われていますが、例えばサポートセンターを利用しない場合や修理の内容が複雑なものになっている場合、パーツが不足している場合などは1週間以上かかる可能性もあるようです。 もちろん1週間以内に修理が完了するものも多いですし、単純な故障やパーツの破損であればその日のうちに修理が完了するケースも多いです。そのため自分のiPhoneがどのような修理を受けるのかはもちろん、どこで修理を受けるのかでかかる日数が異なります。 できるだけ正規のお店を利用するのがおすすめ iPhoneの修理はappleのサービスセンターをはじめとして正規で取り扱っているお店のほかにも、非正規で修理などを取り扱っているお店が増えています。修理にかかる日数としては正規店よりも非正規店の方が早いとされており、ほとんどの場合が即日で修理を完了してくれるところが最大のメリットとなっています。 そのため早く修理をしてほしい場合には非正規のお店の利用がおすすめされているのですが、非正規の中には悪質なところもあるので粗悪な修理をされてしまうリスクもあるようです。このため時間をかけてでも安心できる修理や復元をしてほしいという場合には、できる限り正規のお店で修理を依頼するのが望ましいと言われています。

  • もしかしたらそのiPhone、買い換えずにすむかもしれません

    ガラス交換修理で快適な状態に戻せる利点 iPhoneのガラスがヒビもしくは大きく破損してしまった場合、そのまま使用するのは大変危険です。理由は手を怪我してしまう可能性があるだけではなく、iPhoneが誤作動を起こしてしまう可能性があるからです。iPhoneのガラスに問題が発生した時、わざわざ買い替えなくてもガラス交換修理をする事で、快適な状態に戻せます。 現在ではiPhoneのガラスに対し、ガラス交換修理を実施してくれる業者が全国各地に存在しています。基本的に一万円から二万円前後でガラス交換修理を依頼できるので、そこまで大きなお金の負担が発生していないです。買い替えをする場合、数万単位のお金が必要になってくる為、支払うお金を節約しつつ以前のiPhoneを使い続けられるのが利点です。 スピーカー交換修理は軽度なトラブルの一つ iPhoneのスピーカー部分に問題が発生してしまった場合、わざわざiPhoneを買い替えなくてもスピーディーにスピーカー交換修理を実施してもらえます。また修理費用に関しても簡単なトラブルになっているので、比較的リーズナブルな修理費用に定められている事がほとんどです。その他にも即日で修理を完了してくれるiPhone修理業者も多い為、気軽に依頼できる強みを持っています。 スピーカーを業者に修理してもらった時は、再びトラブルを生み出さないように大きな衝撃を避けて、大切に使用していくのが大切です。スピーカーが故障する事で買い替えをしてしまうと多くのお金を失ってしまう要因になるので、気を付けないといけないです。

  • 大切なデータ、バックアップはもうお済みですか?

    ある日突然データが消える可能性もゼロではない iPhoneを利用していると、毎日、いろいろなデータが保存されていきます。特に自分で撮影した写真や動画、録音した音声データなどが増えていくでしょう。ただ、こういったデータがある日突然、消えてしまう可能性はゼロとはいえません。たとえば、iPhoneを落として電源すら入らなくなり、修理に出したら新品と交換されて戻ってきた場合、データを取り戻すのは不可能です。また、修理に出すときに、データ復旧も業者に依頼した場合、数万円の費用がかかるだけではなく、復旧が失敗に終わる可能性もあります。 したがって、なんのトラブルもなく、正常に動作している間に必ずバックアップを取っておくようにしましょう。バックアップさえ取っておけば、データを取り戻せなくなる心配はほぼありません。 クラウドサーバーを使うかパソコンを使うか iPhoneに保存されているデータのバックアップ方法ですが、クラウドサーバーを利用する方法と、パソコンを利用する方法の二つがあります。もし、パソコンを持っておらず、iPhoneのみ持っているという場合はクラウドサーバーを利用しましょう。クラウドサーバーはiPhoneを製造しているメーカーが用意しており、端末のバックアップ機能をオンにすれば自動的にそのサーバーに接続され、データがアップロードされます。 パソコンを使う場合は、iPhoneとパソコンをケーブルで接続してデータをコピーしていくという形になります。クラウドサーバーへの自動アップロードと比べるとこちらの方が手間はかかりますが、ネットに接続していなくてもバックアップを取れるので、なんらかの理由でネットにつなげないときは便利でしょう。

  • ひび割れ画面、諦める前に修理にだそう

    画面のひび割れは修理で治る? iPhoneのトラブルで良くあるので、誤って落としてしまい、画面にヒビが入ってしまったという事です。画面にヒビが入ったら、誰でも焦りますよね。もう新しい物を買うしか無いかと思っている方、まだ諦める必要はありません。ヒビ割れの度合いにもよりますが、修理で直す事は十分可能です。 直し方ですが、正規の修理サービスに依頼する方法と、非正規の業者に依頼する方法があります。正規の修理サービスは、安心して依頼できる分、修理期間が長かったり、費用が高かったりというデメリットもありますね。非正規の業者の場合、早ければ当日中に直してくれるという所もあるので、とにかく安く、早く直したいという方にも良いかもしれません。 修理に出す前にやっておきたい事! もし画面にヒビが割れてしまった時、まずやっておきたいのがデータのバックアップですね。ヒビが割れていても、操作はできるという事もあります。損傷が進むと、操作までできなくなってしまう事があるので、早めにバックアップを取っておくと安心ですね。 修理を行う際、データを初期化しなければならないというのは良くある事です。初期化すると、今まで保存しておいた写真や動画のデータ、電話帳などが消えてしまいます。バックアップを取っておけば、修理後に復元できるので、必ず取っておくようにしましょう。 iPhoneの場合、元からある機能で簡単にデータのバックアップができるので、それを使ってバックアップを取るのがおすすめですよ。