iPhone修理いつまでかかる??

修理にかかる時間は平均で1週間程度

iPhoneの修理にかかる時間は修理する内容によって異なりますが、appleでのサポートサービスを受ける場合には一般的にはおよそ1週間程度で修理が完了すると考えられています。このため1週間を目安として考えておくといいと言われていますが、例えばサポートセンターを利用しない場合や修理の内容が複雑なものになっている場合、パーツが不足している場合などは1週間以上かかる可能性もあるようです。
もちろん1週間以内に修理が完了するものも多いですし、単純な故障やパーツの破損であればその日のうちに修理が完了するケースも多いです。そのため自分のiPhoneがどのような修理を受けるのかはもちろん、どこで修理を受けるのかでかかる日数が異なります。

できるだけ正規のお店を利用するのがおすすめ

iPhoneの修理はappleのサービスセンターをはじめとして正規で取り扱っているお店のほかにも、非正規で修理などを取り扱っているお店が増えています。修理にかかる日数としては正規店よりも非正規店の方が早いとされており、ほとんどの場合が即日で修理を完了してくれるところが最大のメリットとなっています。
そのため早く修理をしてほしい場合には非正規のお店の利用がおすすめされているのですが、非正規の中には悪質なところもあるので粗悪な修理をされてしまうリスクもあるようです。このため時間をかけてでも安心できる修理や復元をしてほしいという場合には、できる限り正規のお店で修理を依頼するのが望ましいと言われています。

iphoneの充電ができないことがありませんか?いくつかの原因が考えられます。iphone本体の不具合やバッテリーが完全に放電してしまっていたり、本体の充電ポートの汚れなどが考えられます。

© Copyright Data Backup. All Rights Reserved.